IFRS16号「新リース基準」対応の『クラウド固定資産管理』サービス提供開始

2019.02.27

<報道発表>

2019年2月27日
株式会社 Blue Tiger Consulting

クラウド固定資産サービス:

IFRS16号「新リース基準」対応した『クラウド固定資産管理』サービス提供開始します。

株式会社 Blue Tiger Consulting (以下、BTC)(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:趙 凡)は、2019年3月1日より、クラウド固定資産管理サービス提供を開始します。

 

セキュリティについて

 

BTCの「クラウド固定資産管理」はAWS(Amazon Web Service)で構築され、安心感のある高いセキュリティのクラウド基盤で設計されています。

 

サービス内容

 

Excelでの固定資産管理に比べ、ファイルのバージョン管理不要/データバックアップ不要/重い自動計算処理が軽快なります。以下の固定資産関連機能が入っております。

 

・固定資産台帳管理(自動仕訳処理)

→CSVファイルでの既存データのアップロード

→固定資産台帳のダウンロード

→固定資産管理画面より登録・修正が可能

→償却処理・償却プランの変更が可能

→わかりやすい除却・売却・減損・廃棄処理

 

・国税・地方税に完全対応

 

・NetSuite向けのインポートファイル生成

→NetSuiteからクラウド固定資産への台帳導入、及び逆方向の仕訳導入は、手動作業で気軽に実現

 

価格について

 

1)初期設定費用:

・お客様による設定の場合               無料

・弊社コンサルタントによる導入  5万円 / 拠点(事務所・倉庫など固定資産がある場所ごと)

 

2)固定資産初期登録

・お客様による設定の場合     無料

・弊社コンサルタントによる導入   5万円 / 100件

 

3)ライセンス費用

・100件以下          無料

・100件〜200件        10万円/年

・以降100件毎                       10万円/年

(例) 250件の場合                 10万円+20万円 → 30万円/年

 

※導入の詳細については、弊社担当まで御問合せください。

 

画面イメージ

 

興味のある方は御問合せ下さい。

お問合せはこちら

■株式会社 Blue Tiger Consultingについて

Blue Tiger Consultingは、クラウドERP Oracle NetSuiteに特化したスペシャリスト集団です。従来型のERPの導入実績とノウハウを生かしながら、クラウドERP時代の最適な導入・定着・サポート・様々なモジュールなど統合的なサービスを提供し、クラウドERPに特化した独自の高速導入手法により、お客様のビジネストランスフォーメーションを限られたリソースで迅速に実現し、お客様の経営支援をお手伝いいたします。