Top Services Corporate
philosophy
Company Message Information Blog
Contact Recruit

Blog

ブログ

Top - Blog - 基幹システムとは?開発方法の種類やメリット・デメリットを解説

Blog

ブログ

  • 基幹システムとは?開発方法の種類やメリット・デメリットを解説

    2021.09.04 > クラウドERP

    基幹システムは、企業のメインとなるシステムであり、自社の業務実態や経営戦略に合わせた開発が必要になります。

    基幹システムの開発を行う際に「パッケージ開発」と「スクラッチ開発」どちらにすべきか、悩む企業も多いのではないでしょうか。

    今回は、基幹システムとはなにか、種類や開発方法、パッケージ開発とスクラッチ開発それぞれのメリット、デメリットについて紹介します。

    基幹システムとは

    基幹システムとは、企業における業務遂行や情報共有に欠かせない、いわば中心となるシステムのことを指します。

    「バックオフィス系」「業務系システム」とも呼ばれ、基幹システムがダウンしてしまうと、企業の業務自体がストップしてしまう重要なものです。

    基幹システムにはさまざまな種類があり、種類ごとに管理している領域が異なります。基幹システムの開発を行う際には、企業の業態に合わせて導入するものを選ぶことが大切です。

    まずは、基幹システムの種類と一般的な基幹システムの開発方法について紹介します。

    基幹システムの種類

    企業で導入されている基幹システムの種類は、業務形態によって異なります。導入や開発時には、まず「自社に必要な基幹システムはどのような種類のものなのか」を明確にしておくことが大切です。

    ・生産管理システム
    生産管理システムは、おもに製造業で導入されているシステムです。製造業の業務プロセスにおいて必要となる進捗管理や、仕入れ・完成した商品の在庫量、出荷時の状況などの情報を一括管理できます。

    ・在庫管理システム
    在庫管理システムは、在庫をもつさまざまな企業で導入されているシステムです。在庫量の出入庫状況や流れを正確に把握して管理します。在庫配置の最適化によるコストダウンにも活用できるものです。

    ・販売管理システム
    販売管理システムは、おもに販売業で活用されている基幹システムです。商品の売り上げ状況から仕入れ量を調節し、在庫コストを削減して利益を上げるなど、販売状況の管理や戦略に活用します。

    ・購買管理システム
    購買管理システムは、製造業や小売業、卸売業などで導入されているシステムです。仕入れ時の発注書作成や支払いの管理、伝票発行などの業務フローを一元化して管理します。

    ・統合基幹業務システム(ERP)
    統合基幹業務システム(ERP)は、上述した複数の基幹システムを統合し、一元管理するものです。多数の部門から人やモノ、カネなど、企業の資源を有効活用するために必要な情報を集約することができます。

    基幹システムの開発方法

    基幹システムを開発する方法には「スクラッチ開発」と「パッケージ開発」があります。また、もともとあるパッケージをカスタマイズし、自社の業務状況に合わせて最適化を図ることも可能です。

    スクラッチ(手組み)開発とは、基幹システムを一から企業に必要なものを開発する方法のことを指します。オリジナルのシステムを開発する際に活用されるものです。

    一方で、パッケージ開発は、ベースとなる原型がある状態で開発を行うことを指します。既存のシステムで十分活用できると判断できるのであれば、パッケージ開発を選択すると良いでしょう。

    スクラッチで基幹システムを開発するメリット・デメリット

    ここからは、スクラッチで基幹システムを開発する際の、メリットとデメリットについて紹介します。

    スクラッチ開発のメリット

    スクラッチ開発のメリットは、自社の業務実態に合わせて要件を満たしたシステムをオリジナルに構築できる点です。

    一から自社に合う形で開発を行うため、無駄がなく、ランニングコストを抑えた基幹システムを開発することができます。

    他社にはない機能を備えた基幹システムの開発も可能なため、差別化による新たな経営戦略のアイデア抽出にも役立つでしょう。

    スクラッチ開発のデメリット

    スクラッチ開発のデメリットは、一から開発を行うため、開発や導入に掛かる初期費用が高くなる点です。

    パッケージ開発のような原型がないため、使用者を想定したデザインや機能、要件定義など、あらゆる工程をすべて経て開発しなければなりません。

    そのため、基幹システムそのものの開発に時間を要し、導入後もトライ&エラーを繰り返しながら都度カスタマイズし、最適化を図る必要があります。

    パッケージで基幹システムを開発するメリット・デメリット

    ここからは、基幹システムをパッケージで開発する場合のメリットとデメリットについて紹介します。

    パッケージ開発のメリット

    基幹システムをパッケージ開発する場合、開発にかかる初期費用を大幅にコストダウンできるメリットがあります。

    また、原型がすでにあるものを使用するため、開発に時間がかからず、スムーズに導入できるのも特徴です。

    パッケージ開発の場合でも、自社の業務状況や要件に合わせてカスタマイズしながら導入、運用する方法もあります。

    パッケージ開発のデメリット

    基幹システムをパッケージ開発するデメリットは、業務フローそのものをシステムに合わせる必要がある点です。

    スクラッチ開発であれば、自社の業務に合わせてシステムを組み上げることができますが、パッケージ開発ではできません。

    また、基幹システムをパッケージとして販売している企業へ「ライセンス料」を支払う必要があるため、ランニングコストがかかるデメリットもあります。

    導入時には、システムに合わせて業務の進め方を変更する必要があるため、定着までに時間がかかることも少なくありません。

    パッケージ開発を選ぶ場合は、導入サポートやカスタマイズ、保守管理にも対応している企業への依頼を検討すると良いでしょう。

    基幹システムの開発はスクラッチかパッケージどちらを選ぶべきか

    基幹システムの開発をスクラッチとパッケージ、どちらで行うか判断に迷うところです。では、どのような判断基準で開発方法を選択すれば良いのでしょうか。

    ここからは、基幹システム開発をスクラッチかパッケージ、どちらで行うか判断する基準について紹介します。

    自社の要件を満たせるならパッケージ

    基幹システムは、すでにパッケージ化された多くのサービスが提供されています。これは、基幹システムの普及が広まり、多くの企業で導入されるようになったことも理由のひとつです。

    普及が広まったことでパッケージをカスタマイズできる範囲が拡大し、スクラッチ開発のように企業に合わせた形で導入できるものもあります。

    そのため、自社の要件を満たせるのであれば、パッケージを選択してカスタマイズすると良いでしょう。

    また、基幹システムは導入から数年後に陳腐化や老朽化する可能性があり、戦略上再構築が必要になることも少なくありません。

    これは、スクラッチ開発の場合でも同様です。結果的にコストをかけてカスタマイズする必要があるのであれば、再構築コストが安いパッケージを選択するという考え方もあります。

    基幹システム開発のお悩みなら専門家に頼る

    基幹システムの開発にお悩みの場合には、開発や導入に精通した専門家に相談してみるのも方法のひとつです。

    Blue Tiger Consulting(ブルータイガーコンサルティング)では、自社に適した基幹システムの選定だけでなく、導入支援も行っています。

    また、導入後のカスタマイズや保守支援、既存システムとの連携までトータルにサポートできるのもBTCの特徴です。

    システム導入や運用における豊富な経験と実績から、自社に最適な業務環境を提案いたします。

    基幹システムの開発や導入にお悩みの際には、ぜひ一度BTCまでご相談ください。

    まとめ

    基幹システムの開発は、企業の経営戦略や業務フロー、情報共有速度など、あらゆる範囲に影響を及ぼす重要なものです。

    スクラッチ開発の場合、開発を依頼する企業と密にコミュニケーションを取らなければ、意図しているものとは異なるシステムができる可能性もあります。

    パッケージ開発をする場合には、導入してから自社に合う形でカスタマイズするなど、導入から運用までサポートしてくれる企業と連携すると良いでしょう。

    一覧へ戻る